あやあや

投資について勉強していたら、IPO投資がオススメ! なんてことが書いてあったの

マスターマスター

IPOはリスクが少ない割に、利益が出やすいという特徴があるんだ。最近はIPO投資をメインでやる人もいるくらいだよ

あやあや

リスクが少ないならやってみたいかも…。私みたいな初心者でも大丈夫なのかな?

マスターマスター

大丈夫! でも、誰でもできるわけでもないんだ。IPOについて、少し勉強してみよう

IPOとは?

マスターマスター

IPOは『Initial Public Offering』の頭文字を取ったもの。新規公開株とか、新規上場株式とも言われるよ

【IPOについて】

  • IPOとは、新規公開株・新規上場株式のこと
  • 株を投資家に売り出して、誰でも取引ができるようにすることを指す
  • 企業は株を売り出すことで資金を調達し、設備投資や従業員の増員、事業拡大などを行う
マスターマスター

そもそも株というのは、企業が資金を調達するために発行されるもの。株の売買は証券取引所で行われるけど、売買できるのは証券取引所に上場している企業だけなんだ。企業にしてみれば、上場することで資金を調達しやすくなるってわけ

あやあや

なるほど。それで企業は上場を目指すってわけね。ところで、私たち投資家にとってはどんなメリットがあるの?

【IPO投資のメリット】

  • 通常の株式投資と比べて利益が出やすい
  • 抽選に外れても資金が減るようなことがないので、何度でも気軽に応募できる

【なぜ利益が出やすいのか?】

  • 上場日よりも前にIPO株を購入できるのは、抽選で当選した人だけ(希望する人が全員購入できるわけではない)
  • 上場前の購入価格(公募価格)が低く設定される
  • 上場日に買い注文が増えることで株価は上昇し、初値(上場して最初に売買が成立した時の価格)が公募価格より高くなる傾向にある
マスターマスター

企業は資金調達のために上場するわけだけど、このときに株が売れ残ったりすると予定通りに資金調達ができなくなる。そうなると困るから、売れ残りが出ないようにあらかじめ値段設定を低くするんだ

あやあや

つまり、IPOの抽選に当選した人はその銘柄の株を安く購入できるってわけね

マスターマスター

そう。そして上場日になれば誰でも取引ができるようになるわけだけど、そうなると買い注文が増えて価格も上昇する。このタイミングで売却すれば『安く買って高く売る』ことができるから、利益が出るってわけ

あやあや

なんて魅力的なの! そんなに簡単なら、今すぐにでもやってみたい! …でも、どうやって買えばいいのかしら?購入後の売却のタイミングとかもよく分からないな…

マスターマスター

購入・売却自体はとてもカンタンなんだ。一番難しいのは当選することだったりするからね…。ここでIPO投資の流れを確認しておこう

【主なネット証券のIPO】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

ネット証券の中でも圧倒的なIPO取扱本数IPOの取扱本数は減少傾向ネット証券の中でも引受幹事数が多い三菱UFJ証券から委託する形で幹事を務めることも多いBB申込時点での余力不要、少額投資家も使いやすい2014年よりIPO取扱スタート。今後に期待。2017年よりIPO取扱スタート。問合せから申込むためやや面倒。幹事になることが多い。1銘柄につき2回申込みが必要な点に注意。

取扱実績

2012年

37本6本13本26本11本7本

2013年

44本2本33本16本2本23本

2014年

65本2本38本21本5本2本25本

2015年

81本10本50本18本16本1本44本

2016年

76本8本46本20本11本1本26本

NISA口座

××××××

IPOレポート

×××××××

抽選方法

資金が多い人ほど有利な傾向資金が多い人ほど有利な傾向完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)

その他サービス

抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントを付与、次回以降に利用可能

詳細情報

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
IPOでは、SBI証券マネックス証券もオススメ。

IPOの申込みから売却までの流れ

マスターマスター

IPO投資には、申込み・抽選・(当選したら)購入・売却という4つのステップがあるんだ

IPOへの申込み

① 証券会社に口座を作る
口座がなければ申込み自体できません。
IPOを取扱う証券会社は限られているので、口座を作る場合は取扱実績などもチェック!
また、IPOの当選確率を上げるためには「複数口座から応募する」こともポイント。
そのため、IPOを狙うなら複数の証券会社に口座を開設しておくことをオススメします。
※オススメの証券会社などは後ほど記載
② IPO情報を調べる
IPOへの申込みはいつでもできるわけではありません。
企業情報や申込期間などのスケジュールなどが証券会社のホームページに掲載されるので、それをよくチェックしましょう。
証券会社によっては、募集開始のスケジュールなどを通知してくれるところもあります。
③ 応募する
まずは「ブックビルディング」と呼ばれる需要申告に参加します。
これは購入希望者から希望株数や価格を募ることで、適正な発行価格を決めるために実施されます。
希望価格は自由に設定できるわけではなく、あらかじめ算出された参考価格(仮条件)の範囲内で設定。
このとき、条件外の価格を設定してしまうと抽選の対象から外れるので要注意です。
ブックビルディング期間が終了すると結果をもとに公募価格が決定され、購入申込みができるようになります。
申込期間中に目論見書をチェックし、応募したい場合には申し込みボタンを押せばOK!
あとはひたすら当選することを祈りましょう。
注意点は、証券口座内には当選して購入する場合に必要になる金額をあらかじめ入金しておく必要がある点。
10〜20万円程度でいい場合もありますが、余裕を持って40〜50万円程度入れておくと安心です。
なお、むさし証券のように応募の時点では入金が不要な証券会社もあります。

IPOの抽選

抽選方法は証券会社によっても異なります。

  • 取引実績等に関係なく、完全平等な抽選を実施
  • 過去の取引実績に応じて当選確率が変わる

投資を始めたばかりの人にとって、過去の取引実績で当選実績が変わる証券会社で当選するのはなかなか厳しいもの。

そんな場合は完全平等な証券会社からも同時に応募しておくことをオススメします。

また、証券会社によっては抽選で外れた場合でも「ポイント」が付与され、そのポイントを使うことで当選確率を上げられるところも。

IPOに当選すること自体が簡単なことではありませんが、諦めずに続けることが当選への近道とも言えます。

IPO株の購入

抽選結果はメール通知やマイページでチェック可能。

当選していたら、次は購入の意思表示をしましょう。

証券会社によって多少の違いはありますが、「購入」ボタンを押せば手続きが完了です。

これを忘れてしまうと、せっかく当選したのにIPO株の購入ができません。

もちろん、「当選したけれど買わない」というのもOKです。

IPO株の売却

無事に購入が済んだら、あとは上場日を待って売却するだけ。

注文方法は「成行」でOKです。

売り注文は上場当日にならないと出せないことも多いため、当日の朝に出しておくといいでしょう。

あやあや

売却のタイミングとか考えなきゃいけないのかなって思ってたけど、上場当日に成行で売り注文を出しておくだけでいいのね!

マスターマスター

そう。そうすれば初値で売却できるからね。もちろん、絶対に売らなきゃいけないわけじゃないから、持っておくのもアリ。株価上昇のチャンスは初日以外にもあるからね。ただ、先のことは誰にもわからないから、銘柄選びに自信があれば…の話だけどね

あやあや

私だったら上場当日に売却しちゃうかな。将来どうなるか分からないなら、早めに利益を確定しておきたいって思っちゃうもの

IPO株でも損失が出ることはある

あやあや

ところで、IPO株で損失が出ることってあるの?

マスターマスター

もちろん。公募価格より初値が下がることも十分あり得る話だよ

【公募割れを防ぐIPO株の選び方】

当選株数が少ないIPOを選ぶ
当選株数が多いと買い注文より売り注文が多くなってしまい、結果的に初値も下がりがちになります。
企業の業績をチェックする
赤字がある企業は人気が少なく、公募割れの可能性があります。
公募価格が仮条件の上限金額となっているIPOを選ぶ
人気のある銘柄はブックビルディングの段階でも人気が高いため、公募価格も仮条件の上限金額という場合がほとんど。
人気の少ない銘柄だと上限金額とならないことが多いため、結果的に公募割れする可能性が高くなります。
マスターマスター

これはあくまでも、公募割れの可能性を低くするためのポイント。ポイントを押さえれば絶対利益が出るとは言えないけれど、可能性を低くすることはできる

あやあや

やっぱり企業の業績チェックなんかは必須かぁ。それにIPO株なら何でもOKってわけじゃないのね…

マスターマスター

業績チェックは基本だよ! ただ、通常の株式取引みたいに詳しく分析する必要がない分、IPO株は手軽だと言えるかな

IPOの当選確率を上げるにはどうすればいい?

あやあや

IPOで一番難しいのは当選することって言っていたけど、確率を上げる方法ってないの?

マスターマスター

方法はあるよ! これをやったから確実に当選するってわけではないけれど、できることはやっておこう!

【IPOの当選確率を上げる方法】

複数の証券会社から応募する
応募する数が増えるということは、抽選回数も増えるということ。
抽選回数が増えれば、その分当選する確率も高くなります。
オススメの証券会社としては、

などが挙げられます。

主幹事を務める証券会社から応募する
IPOを取扱う証券会社は、「主幹事」「副幹事」「幹事」と役割ごとに分けられます。
主幹事証券会社はIPOを行う企業と一緒に上場のための準備などを行う役割を担います。
そのため、主幹事を務める証券会社はその企業の株の配分が多くなるわけです。
配分が多いということは、当選する確率も高くなるということ。
主幹事を多く引き受ける証券会社としては野村證券がありますが、個人投資家はSBI証券SMBC日興証券を利用するのがオススメです。
時間差を利用して抽選回数を増やす
通常はIPOの抽選→購入申込みという流れですが、楽天証券や松井証券では購入申込み→抽選という流れになっています。
この場合、同じ銘柄であっても数日の時間差が発生するため、他の証券会社で落選しても資金を移して再度抽選に参加することが可能。
資金が少ない場合でも活用できます。
チャレンジポイントを貯める
SBI証券では、IPOの抽選に落選した場合にもらえる「チャレンジポイント」があります。
チャレンジポイントを次回以降の抽選に利用すれば、当選確率もアップ!
ポイントが多いほど当選確率も高くなります。
※ポイントを使って落選した場合でも、使ったポイントは戻ってきます。
入金額を増やす
入金額が多ければ、その分応募できるIPOも増えます。
とは言え、全ての証券口座に50万円ずつ入れておく…なんてことは、なかなか難しいもの。
普段は銀行口座などに入れておき、必要な時に入金する方法で対応するといいですよ。
むさし証券なら応募時点での入金が不要なので、資金が少ない人にもオススメです。

【主なネット証券のIPO】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

ネット証券の中でも圧倒的なIPO取扱本数IPOの取扱本数は減少傾向ネット証券の中でも引受幹事数が多い三菱UFJ証券から委託する形で幹事を務めることも多いBB申込時点での余力不要、少額投資家も使いやすい2014年よりIPO取扱スタート。今後に期待。2017年よりIPO取扱スタート。問合せから申込むためやや面倒。幹事になることが多い。1銘柄につき2回申込みが必要な点に注意。

取扱実績

2012年

37本6本13本26本11本7本

2013年

44本2本33本16本2本23本

2014年

65本2本38本21本5本2本25本

2015年

81本10本50本18本16本1本44本

2016年

76本8本46本20本11本1本26本

NISA口座

××××××

IPOレポート

×××××××

抽選方法

資金が多い人ほど有利な傾向資金が多い人ほど有利な傾向完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)

その他サービス

抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントを付与、次回以降に利用可能

詳細情報

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
IPOでは、SBI証券マネックス証券もオススメ。

当選すればラッキー! くらいの感じでチャレンジしよう

IPO投資はローリスク・ハイリターンも可能なので、人気が高く当選することが難しいものでもあります。

何度応募しても当選しない…なんて人も結構多いんです。

しかし、応募しないことには当選もできません。

当選確率を上げる方法を取り入れながら、諦めずにコツコツ応募するのが実は一番大切なことだったりします。

落選しても資金が減ることのないIPO株。

まずは応募してみることから始めてみませんか?