あやあや

松井証券って、社名のイメージだと『昔からある日本の会社』って感じね

マスターマスター

そのイメージはあながち間違いではないよ。松井証券は大正時代に創業していて、2018年で100周年を迎えるからね

あやあや

100周年! 伝統のある証券会社なのね

マスターマスター

歴史は古いけれど、次々と新しいサービスを生み出している証券会社でもあるんだ。早速、松井証券の特徴をチェックしてみよう!

松井証券のメリット

  • 新しいサービスを提供し続けている
  • 最適な資産の組み合わせを提案してくれる「投信工房」
  • サポート体制が充実
  • 豊富なトレーディングツールが無料で利用できる
  • QUICKが無料で利用可能
  • NISAなら手数料が無料
  • IPOの抽選は完全に平等
  • 夜間取引(PTS)が利用できる

松井証券の注意点

  • 手数料はネット証券と比べるとやや高め
マスターマスター

松井証券は歴史のある証券会社で、以前は対面販売を行っていたんだ。それが1998年に日本で初めてネット取引をスタートさせてね。今はネットに特化した証券会社になっているよ

松井証券の公式サイトはこちら
【公式】松井証券 キャンペーン実施中!

新しいサービスを提供し続けている

マスターマスター

1918年に創業した松井証券は、1990年代後半から次々と業界初のサービスをスタートさせているんだ

【松井証券が始めた、業界初の主なサービス】

  • 本格的なインターネット取引「ネットストック」を開始(1998年)
  • 定額手数料体系「ボックスレート」導入(1999年)
  • 「預株」制度の導入(2002年)
  • 「無期限信用取引」の開始、「株券ゆうパック」サービスの導入(2003年)
  • 「ミニ・ボックスレート」の導入(2004年)
  • 「即時決済取引」の開始、「夜間先物取引[/char]の取り扱い開始(2008年)
  • 「即時決済信用取引」の開始(2011年)
  • 「一日信用取引」開始(2013年)
  • 一日信用取引の「プレミアム空売りサービス」を開始(2014年)
  • 「一日先物取引」の開始(2015年)
あやあや

難しい言葉が並んでいて、内容まではよく分からないけど…新しいサービスをどんどん始めている会社なのね

マスターマスター

今は当たり前になっている定額手数料制も、最初に始めたのはこの松井証券。『無期限信用取引』などは、もともと6ヶ月の期限が設定されている信用取引の期限をなくした革新的なサービス。期限付きだと、否応なしに決済しないといけないこともあるでしょう。この期限をなくしたことで、意に反した決済をすることなく取引ができるようになったんだ

あやあや

私たち投資家にとって、嬉しいサービスを次々と打ち出してくれているってことね

資産の組み合わせ提案してくれる「投信工房」

マスターマスター

松井証券の『投信工房』は、投資を始めたばかりの初心者にもオススメのサービス。8つの質問に答えるだけで、最適な資産の組み合わせを提案してくれるよ

あやあや

ロボアドバイザーみたいなものかしら?

マスターマスター

そうだね。しかも無料で利用できる!

【投信工房について】

  • 簡単な8つの質問に答えるだけで最適な資産の組み合わせを提案
    8つの質問内容:「年齢」「資産運用の目的」「年収」「投資経験年数」「投資に関する知識」「保有資産が値下がりしたときに取る行動」「投資方針」「積立投信への投資意向」
  • リターン、リスク、信託報酬、過去シミュレーション、将来シミュレーション、積立シミュレーションなどが一目で分かる
  • 口座があればそのまま買い付けることも可能
  • 利用は無料
あやあや

商品の選び方って簡単じゃないから、自分に合うものを提案してくれるサービスは助かるわね!

マスターマスター

運用を続けていると、価格の変動などでポートフォリオの配分が変わってしまう。そんなときも、目標の配分になるようにサポートしてくれるんだ。これを『リバランス』というよ

あやあや

無料なのにしっかりサポートしてくれるのね! これは使えそうだわ

ただしロボアドバイザーとしては、当サイトでは業界1位のWealthNavi(ウェルスナビ)をおすすめします。
WealthNaviの詳細

サポート体制が充実

マスターマスター

サポートしてくれるのは投資信託のことだけじゃない。松井証券はその他のサポート体制も充実しているんだ

【充実した松井証券のサポート体制】

  • 通常の「Q&A」に加え、証券取引やPCが初めての人に向けた「初心者のための簡単Q&A」がある
  • 第三者機関による「問い合わせ窓口格付(証券業界)」で6年連続三つ星獲得
    ※HDI-Japan(ヘルプデスク協会)主催 2016年度問合せ窓口格付(証券業界)
  • ネット上の専用問合せフォームでは原則24時間受付OK
  • オペレーターが同一画面を見ながら電話で操作方法を説明してくれる「リモートサポート」あり
マスターマスター

松井証券は50歳以上のユーザーも多い証券会社。若い人に比べるとネットの使い方に慣れていなかったりするけど、そうした点もしっかりサポートする体制があるんだ

あやあや

ネット証券は若い人が中心ってイメージだけど、50代以上の投資家にも受け入れられている証券会社ってことね。サポートが充実しているのは心強い!

豊富なトレーディングツールが無料

マスターマスター

松井証券にもいろんなトレーディングツールが準備されていて、そのほとんどが無料で利用できるんだ

【松井証券のトレーディングツール】

ネットストック・ハイスピード
PCで利用できるトレーディングツール。
無料で利用でき、発注画面やチャート画面などを自由に組み合わせて、自分に合うオリジナルの取引環境を作ることができます。
株touch
株式取引、先物・オプション取引に対応したスマホ向アプリで、株式についてはNISA口座での取引もできます。
スピード注文などの機能もあり、こちらも無料です。
投信工房アプリ
投信工房の全ての機能が利用できるスマホ向アプリ。
投信の提案・購入・運用のメンテナンスまで全て行え、無料で利用できます。
マスターマスター

ネットストックは使いやすいと評判のあるツール。無料で使えるから、とりあえず使い心地をチェックしてみるのもいいと思うよ

あやあや

証券会社ごとにいろんなツールがあるみたいだから、自分に合うツールを探すのもよさそうね

QUICKが無料で利用可能

あやあや

QUICKってなに?

マスターマスター

日本経済新聞社グループの金融情報サービス会社で、個人投資家に有用な情報を提供しているんだ

【QUICK情報について】

  • 松井証券に口座があれば無料で利用できる(他社は有料/条件付き有料が多い)
  • 銘柄スクリーニング機能、複数気配情報、デイトレード向け銘柄ランキング、市況ニュースなどが利用可能

【主なネット証券の情報】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券
特徴バランスよく国内、海外のメディアが揃っている日経テレコンが圧倒的魅力。申込み不要で豊富な情報が無料で閲覧可能。NY株式市場の動向が分かる、ロイター社のビデオレポートを毎日配信。証券会社オリジナルの投資情報がメイン。ニュースは24時間随時更新。会社四季報も無料。証券会社オリジナルの投資情報がメイン。証券会社オリジナルの投資情報のみ掲載。
会社四季報×××
日経テレコン×××××××
トムソン・ロイター××××
フィスコ××××
ダウ・ジョーンズ×〇(バロンズ拾い読み)×××××
時事通信×××××××
モーニングスター×××
初心者向けページ「投資を学ぶ」で投資の基礎がバランスよく学べる。商品別に詳細講座でより深い知識が身につく。「投資はじめてガイド&セミナー」にまとめられている。積立投資に関する情報がメイン。「初心者コーナー」で投資・資産運用の基本知識や商品選びをサポート。入門ガイドのほか、kabu.studyにて投資教育講座コンテンツを提供。口座開設者は無料「はじめての投資」で投資の基本から銘柄の選び方まで解説。なし商品ごと(株、信用取引、先物取引、投資信託等)に、初心者向けページあり。商品についての解説ページあり。
動画セミナーネット証券ではNo1の動画本数。初心者には十分です。過去のセミナー動画もアップされています。年間200本におよぶオンラインセミナーを実施。市況解説から投資テクニックまで充実した内容です。口座を開設していない人も視聴可能です。動画はあるが最終更新は2016年10月。セミナーではないが、毎日更新される「投資チャンネル」ありなしなし
株主優待情報×
詳細SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
情報コンテンツでは、やはりSBI証券楽天証券がオススメ。

マスターマスター

QUICKは投資家にとって重要な情報源のひとつ。最初は分からないことも多いかもしれないけれど、勉強にもなるからオススメだよ

IPOの抽選は完全に平等

あやあや

松井証券でもIPOを取り扱っているのね!

マスターマスター

数はそこまで多くないけれど、抽選は完全に平等。投資を始めたばかりでも当選の確率は十分にある

【IPOについて】

  • 完全平等な抽選なので、証券口座があれば誰にでも当選のチャンスあり
  • 購入時の手数料は無料

【主なネット証券のIPO】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

ネット証券の中でも圧倒的なIPO取扱本数IPOの取扱本数は減少傾向ネット証券の中でも引受幹事数が多い三菱UFJ証券から委託する形で幹事を務めることも多いBB申込時点での余力不要、少額投資家も使いやすい2014年よりIPO取扱スタート。今後に期待。2017年よりIPO取扱スタート。問合せから申込むためやや面倒。幹事になることが多い。1銘柄につき2回申込みが必要な点に注意。

取扱実績

2012年

37本6本13本26本11本7本

2013年

44本2本33本16本2本23本

2014年

65本2本38本21本5本2本25本

2015年

81本10本50本18本16本1本44本

2016年

76本8本46本20本11本1本26本

NISA口座

××××××

IPOレポート

×××××××

抽選方法

資金が多い人ほど有利な傾向資金が多い人ほど有利な傾向完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)

その他サービス

抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントを付与、次回以降に利用可能

詳細情報

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
IPOでは、SBI証券マネックス証券もオススメ。

IPOについてはこちらもあわせてお読み下さい。
初心者のための「IPO投資の基本と注意点」まとめ

マスターマスター

IPO狙いの人は口座を作っておくことをオススメするよ

夜間取引(PTS)が利用できる

松井証券では2018年3月から株式の夜間取引(PTS)ができるようになりました。

PTSとは証券取引所ではなく、私設の取引システムで売買するもの。

松井証券ではSBI証券の運営する「ジャパンネクストPTS(J-Market)」を利用します。

PTSは売買高や取り扱い銘柄が少ないなど、制限が多いですが、仕事が終わった後に利用できるというのが最大のメリット。

売買の練習には良いかもしれません。

手数料は他ネット証券と比べるとやや高め

マスターマスター

最後に手数料について。松井証券は注文回数に関わらず、1日の約定金額に応じて手数料が決まるしくみになっている

【手数料について】

株式は1日の約定金額に応じて手数料が決まります。

現物取引:0円〜100,000円(1日の約定金額10万円までなら0円・NISA口座なら無料)

信用取引(制度信用取引、無期限信用取引):0円〜100,000円(1日の約定金額10万円までなら0円)

一日信用取引:0円

【主なネット証券の手数料】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券SMBC日興証券みずほ証券野村證券岡三証券

特徴

基本的に安いが、1日定額10万円までは0円がお得。ポイント1.1%還元あり。手数料の1~2%をポイント還元。1日定額10万円までは手数料0円でお得。1約定30万円までの手数料がお得。1日定額は少額投資に不向き。1約定10万円までなら90円。 上限3,690円で高額取引時に心強い。定額プランなし。定額プランのみ。1日定額10万円までは手数料0円でお得。1約定ごとの手数料は最安水準。少額・高額取引どちらにも向いている。手数料が安く投資家からの評価が高い。定額コースは少額投資だとやや割高。1約定プランは高額投資向き。少額投資なら定額プランがオススメ。1約定につき30万円までなら手数料もお得。定額コースはない。1約定プランは最低1,026円、定額プランは最低3,780円と、ともに手数料が高額。1約定につき10万円までなら、大手ネット証券並みの手数料。定額プランなし。1約定プランは最低手数料が1,800円、全体的に高額な手数料体系。

1約定
(税込)

10万円

139円139円100円90円88円80円1,000円125円1,026円139円1,800円

30万円

185円272円180円250円241円180円1,000円250円1,026円300円1,800円

50万円

272円272円450円250円241円180円1,000円400円1,701円478円2,875円

100万円

487円487円成行1,000円
指値1,500円
990円436円340円1,000円800円3,402円953円5,750円

300万円

921円921円成行:約定金額の0.1%
指値:約定金額の0.15%
2,790円834円600円1,000円2,000円8,586円2,858円14,250円

500万円

921円921円成行:約定金額の0.1%
指値:約定金額の0.15%
3,690円834円800円1,000円3,000円13,446円4,762円21,750円

1日定額
(税込)

10万円

0円0円2,500円0円213円400円80円3,780円2,381円

30万円

286円238円2,500円300円/0円278円400円160円3,780円2,381円

50万円

429円238円2,500円500円399円400円400円3,780円2,381円

100万円

762円426円2,500円1,000円797円600円800円3,780円2,381円

300万円

1,562円806円2,500円3,000円1,537円1,400円2,400円3,780円2,381円

500万円

2,362円806円5,000円5,000円2,074円1,800円4,000円11,800円4,781円
※スマホアプリから利用の場合、1約定につき50万円を超える取引手数料は約定金額の0.1%※ダイレクトコースの手数料※ダイレクトコース・インターネット取引の手数料※野村ネットの取引手数料※オンライントレードの手数料

詳細

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券SMBC日興証券

【マスターのコメント】
手数料では、SBI証券楽天証券の他に、GMOクリック証券ライブスター証券もオススメ。
マスターマスター

現物株式も約定10万円までなら無料だけど、それを超えると30万円までは300円とやや高くなる。全体的に、他のネット証券と比べると高いってところかな

あやあや

でも、NISAなら無料になるのね

マスターマスター

そう。NISAで無料になる証券会社は多いけど、松井証券もそのうちのひとつだね

【主なネット証券のNISA】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

NISAでもやはり業界最強の一角。海外ETFなら実質手数料無料に。豊富な海外投資商品もNISA運用可能。プチ株の積立もNISAに対応。手数料無料は買付時のみ。投資信託は全てノーロード!投資信託は全てノーロード!買付は指値注文のみ。通常取引と同じ手数料が発生。ネット取引の場合、NISAで海外株式を運用できない。手数料も発生。

国内

株式現物


(手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

(買付時手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

IPO銘柄

×××××

ETF(ETN)


(手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

(買付時手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

REIT


(手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

(買付時手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

投資信託
(ノーロード)

2,420本以上
(1,120本以上)
2,463本
(1,170本)
1,062本
(623本)
1,019本
(593本)
191本
(191本)
62本
(62本)
1本
(1本)

海外

株式現物

米国、香港、韓国等9カ国米国、中国、アセアン米国、中国
(手数料キャッシュバック)
×××××

ETF

米国、中国、韓国
(手数料無料)
米国、中国、シンガポール
(手数料キャッシュバック)
米国、中国
(手数料キャッシュバック)
×××××

詳細

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
NISAでは、やはりSBI証券楽天証券がオススメ。

QUICK情報や少額積立などで使える松井証券

手数料だけに注目すると、やはり他の証券会社より割高感がある松井証券。

数十万円単位で取引をする人にはあまり向いていないと言えます。

しかし、10万円以下であれば無料なので、毎月数万円ずつでも積立てるような使い方なら問題ナシ。

投資家に有用な情報を提供してくれるQUICK情報が見られるのも、松井証券に口座を開設するメリットと言えるでしょう。

投信工房なども無料なので、投資を始めたばかりの初心者にはオススメの証券会社です。

あやあや

他社より手数料が割高とは言え、使い方次第ではお得に利用できるのね

マスターマスター

そうだね。口座の開設や保有は無料だから、とりあえず口座を開設しておくのもいいと思う。申込む際は最短4日で取引可能なネット申し込みがオススメだよ

松井証券の公式サイトはこちら
【公式】松井証券 キャンペーン実施中!