ネット証券最大手! SBI証券の特徴やオススメポイントとは?

マスターマスター

口座を開設するネット証券の目星はついたかな?

あやあや

どこも似たり寄ったりな気がして、まだ悩んでいるところ…最大手ってどこだっけ?

マスターマスター

ネット証券の最大手はSBI証券だよ

あやあや

そこ、気になっていたの! どんな特徴があるネット証券なのかな?

SBI証券のメリット

  • 口座開設数はNo.1
  • 取扱商品が豊富
  • NISA、つみたてNISA、iDeCoのどれも充実している
  • 手数料が安い
  • 夜間取引ができる
  • トレーディングツールが優秀
  • 投資情報が豊富
  • IPOの取引実績が豊富

SBI証券の注意点

  • 手数料は安いが、一部はライブスター証券などに劣る
  • Macではトレーディングツールが利用できない。(楽天証券はMacも可)
  • 投資情報は豊富だが、人によっては無料で日経テレコンが読める楽天証券の方が便利かも。
  • ロボアドバイザーは自社ではない。利用するなら直接各社に申込んだ方が便利
  • 特殊な注文方法は少ない
無料で口座を開設してみるならこちらの公式サイトから
SBI証券口座開設

口座開設数No.1

マスターマスター

SBI証券は主要なネット証券の中でも、口座開設数が一番多いんだ。それだけ、たくさんの人に選ばれているんだよ

あやあや

たくさんの人が利用しているってことは、これから投資を始める私としても安心できる感じね

【SBI証券の口座開設数など】

  • 口座開設数:350万口座超
  • NISA口座開設数:100万超
  • 国内株式個人間売買代金シェアNo.1(2016年4月〜2017年3月)
  • 2016年オリコン日本顧客満足度No.1
  • 万全のサポート体制あり
マスターマスター

ネット証券で心配なのは、インターネットトラブルのとき。SBI証券ならメインサイトとバックアップサイトがあるから、何かあっても安心だよ

SBI証券の取扱商品

国内株式
現物取引では、東証・名証・福証・札証上場の全銘柄が取引可能。
信用取引、PTS取引(夜間取引)、単元未満株やREIT(不動産投資信託)などラインナップも豊富です。
外国株式
外国株の取扱国数は、主要なネット証券の中でも最多!
世界各国へ少額から投資でき、リスクを分散させることができます。
取扱っている外国株式…米国株式、中国株式、韓国株式、ロシア株式、ベトナム株式、インドネシア株式、シンガポール株式、タイ株式、マレーシア株式、海外ETF
※ETF…金融商品取引所に上場している投資信託のこと。運用方法は非上場の投資信託のインデックスファンドとほぼ同じだが、株式と同じ方法で取得する。
投資信託
取扱本数は2,500本以上と、ネット証券でもトップクラスとなっています。ノーロード投信も豊富です。
債権
円建てはもちろん、外貨建ても高い利回りの商品をメインに取り扱っています。
FX(外国為替保証金取引)
先物・オプション
ワラント
金・プラチナ
iDeCo

【主なネット証券の商品比較】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

ネット証券最大手。海外株式、投資信託も業界最多クラス。幅広い商品ラインナップ。楽天スーパーポイントで投資信託の買付けも可能。海外投資商品の取り扱いが豊富。海外株式の取扱はないが、少額から株式投資ができ積立可能な「プチ株」あり。国内に特化。投資信託「投信工房」は手数料無料のロボアドバイザー。国内に特化。株式よりもFX等が充実している。国内株式に特化。投資信託も「ひふみプラス」1本のみ。一般的な水準といったイメージ。必要最低限の商品は取り扱っている。

国内株式

現物/信用

PTS

×××××××

IPO

単元未満株

×××××

ETF/ETN

REIT

海外株式

米国

××××

その他海外

中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、タイ、マレーシア中国、アセアン中国××××中国、ベトナム

投資信託

海外

1973本1505本776本676本122本42本203本

国内

556本525本251本429本63本20本1本57本

ロボアドバイザー

×××

詳細

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【主なネット証券の投資信託比較】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

総数

2,529本2,463本1,062本1,019本191本62本1本260本

種類別

国内株式

426本428本170本206本38本13本43本

海外株式

605本639本341本242本57本17本78本

国内債券

50本48本26本32本17本4本5本

海外債権

741本736本255本287本46本8本66本

国内REIT

46本49本25本8本3本5本

海外REIT

137本130本68本19本4本21本

バランス型

390本328本239本137本11本16本

コモディティ

22本12本11本6本4本2本24本

ヘッジファンド

25本6本

ブル・ベア

40本11本20本10本

その他

47本85本2本1本2本

ノーロードファンド

1171本1170本623本593本191本62本1本27本

信託報酬

0.54%以下

161本193本92本67本66本35本

1.08%以下

572本882本317本183本125本27本1本

投信積立

銘柄数

2403本2334本292本964本未公表62本××

最小積立額

100円100円100円500円100円100円××
※バランス型には国内および海外REITを含む※信託報酬を基準にした検索不可

詳細

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

投資信託についてはこちらも合わせてお読み下さい。
投資信託のメリットと注意点

あやあや

あまり耳馴れない商品もあるけれど、取扱商品が豊富だってことは何となく分かったわ

マスターマスター

今はまだ分からない商品もあると思うけれど、取扱商品が多ければ『やってみよう!』と思ったときにすぐに購入できる。取扱商品数って重要だよ。

NISAも充実

SBI証券ではNISAも充実しています。

【主なネット証券のNISA比較】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

NISAでもやはり業界最強の一角。海外ETFなら実質手数料無料に。豊富な海外投資商品もNISA運用可能。プチ株の積立もNISAに対応。手数料無料は買付時のみ。投資信託は全てノーロード!投資信託は全てノーロード!買付は指値注文のみ。通常取引と同じ手数料が発生。ネット取引の場合、NISAで海外株式を運用できない。手数料も発生。

国内

株式現物


(手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

(買付時手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

IPO銘柄

×××××

ETF(ETN)


(手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

(買付時手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

REIT


(手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

(買付時手数料無料)

(手数料無料)

(手数料無料)

投資信託
(ノーロード)

2,420本以上
(1,120本以上)
2,463本
(1,170本)
1,062本
(623本)
1,019本
(593本)
191本
(191本)
62本
(62本)
1本
(1本)

海外

株式現物

米国、香港、韓国等9カ国米国、中国、アセアン米国、中国
(手数料キャッシュバック)
×××××

ETF

米国、中国、韓国
(手数料無料)
米国、中国、シンガポール
(手数料キャッシュバック)
米国、中国
(手数料キャッシュバック)
×××××

詳細

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
NISAでは、やはりSBI証券楽天証券がオススメ。

NISAについてはこちらも合わせてお読み下さい
初心者でもこれだけで十分、NISAのメリットと注意点

つみたてNISAも充実

SBIではつみたてNISAも充実しています。

【主なネット証券のつみたてNISA】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券
国内株式
海外株式
国内債券
海外債権
国内REIT
海外REIT
コモディティ
バランス型
ターゲットイヤー型
元本確保
※2017年10月11日現在、108本を取扱う予定※2017年10月13日現在、94本を取扱う予定※2017年10月11日現在、47本を取扱う予定

つみたてNISAについてはこちらも合わせてお読み下さい
初心者もこれで分かる「つみたてNISA(積立NISA)」とは

iDeCoも強い

SBI証券ではiDeCoにも力を入れています。

【主なネット証券のiDeCo】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券
国内株式15本6本6本
海外株式14本4本5本
国内債券2本2本1本
海外債権7本4本3本
国内REIT3本2本2本
海外REIT3本1本1本
コモディティ2本1本1本
バランス型17本4本2本
ターゲットイヤー型×3本×
元本確保4本1本1本
詳細情報SBI証券楽天証券マネックス証券

【マスターのコメント】
iDeCoでは、SBI証券楽天証券がオススメ。

iDeCoについてはこちらも合わせてお読み下さい。
初心者こそ始めないと損、個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

手数料が安いSBI証券

マスターマスター

投資をやるうえで、手数料が安いのは大事なポイント! ここはしっかりチェックしておこう

【SBI証券の手数料】

  • 国内株式:0円〜
    国内株式(現物および信用取引)の手数料には「スタンダードプラン」と「アクティブプラン」があります。

    • スタンダードプラン(現物)
      …1注文の約定代金に対して手数料がかかる。139円〜973円(税抜)
    • アクティブプラン(現物)
      …1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる。0円〜(税抜)
    • スタンダードプラン(信用取引)
      …143円〜360円(税抜)
    • アクティブプラン(信用取引)
      …96円〜(税抜)
  • PTS取引
    …132円〜924円(税抜)
  • IPOおよびPO、立会外分売
    …無料
  • 単元未満株(S株)
    …約定代金の0.5%、最低手数料は50円(税抜)

なお、NISA口座なら国内株式および海外ETF手数料が無料です。

【主なネット証券の手数料】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券SMBC日興証券みずほ証券野村證券岡三証券

特徴

基本的に安いが、1日定額10万円までは0円がお得。ポイント1.1%還元あり。手数料の1~2%をポイント還元。1日定額10万円までは手数料0円でお得。1約定30万円までの手数料がお得。1日定額は少額投資に不向き。1約定10万円までなら90円。 上限3,690円で高額取引時に心強い。定額プランなし。定額プランのみ。1日定額10万円までは手数料0円でお得。1約定ごとの手数料は最安水準。少額・高額取引どちらにも向いている。手数料が安く投資家からの評価が高い。定額コースは少額投資だとやや割高。1約定プランは高額投資向き。少額投資なら定額プランがオススメ。1約定につき30万円までなら手数料もお得。定額コースはない。1約定プランは最低1,026円、定額プランは最低3,780円と、ともに手数料が高額。1約定につき10万円までなら、大手ネット証券並みの手数料。定額プランなし。1約定プランは最低手数料が1,800円、全体的に高額な手数料体系。

1約定
(税込)

10万円

139円139円100円90円88円80円1,000円125円1,026円139円1,800円

30万円

185円272円180円250円241円180円1,000円250円1,026円300円1,800円

50万円

272円272円450円250円241円180円1,000円400円1,701円478円2,875円

100万円

487円487円成行1,000円
指値1,500円
990円436円340円1,000円800円3,402円953円5,750円

300万円

921円921円成行:約定金額の0.1%
指値:約定金額の0.15%
2,790円834円600円1,000円2,000円8,586円2,858円14,250円

500万円

921円921円成行:約定金額の0.1%
指値:約定金額の0.15%
3,690円834円800円1,000円3,000円13,446円4,762円21,750円

1日定額
(税込)

10万円

0円0円2,500円0円213円400円80円3,780円2,381円

30万円

286円238円2,500円300円/0円278円400円160円3,780円2,381円

50万円

429円238円2,500円500円399円400円400円3,780円2,381円

100万円

762円426円2,500円1,000円797円600円800円3,780円2,381円

300万円

1,562円806円2,500円3,000円1,537円1,400円2,400円3,780円2,381円

500万円

2,362円806円5,000円5,000円2,074円1,800円4,000円11,800円4,781円
※スマホアプリから利用の場合、1約定につき50万円を超える取引手数料は約定金額の0.1%※ダイレクトコースの手数料※ダイレクトコース・インターネット取引の手数料※野村ネットの取引手数料※オンライントレードの手数料

詳細

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券SMBC日興証券

【マスターのコメント】
手数料では、SBI証券楽天証券の他に、GMOクリック証券ライブスター証券もオススメ。
マスターマスター

手数料は取扱商品ごとに異なる。ここでは国内株式だけを取り上げたけど、投信や債券なども商品ごとに手数料が決まっているよ

あやあや

国内株式の場合は2種類あるみたいだけど、自由に選べるの?

マスターマスター

もちろん。自分自身の投資スタイルに合わせて手数料のコースを選ぼう。NISAなら手数料が無料だから、よりお得だね

夜間取引(PTS取引)ができる

マスターマスター

株式って、通常は市場が開いている時間内にしか取引ができない。東証なら9時〜11時半、12時半〜15時だね。PTSは時間外でも取引ができるシステムなんだ

あやあや

サラリーマンだと取引時間中は勤務時間ってことが多いから、便利だね

【SBI証券のPTS取引】

  • 取引可能な時間…8時20分〜16時、17時〜23時59分
  • 夜間に取引ができるのはSBI証券のみ

トレーディングツールが優秀

あやあや

トレーディングツールってなに?

マスターマスター

株取引を行うためのツールのこと。情報収集から注文・発注を一貫して行うことができるんだ。SBI証券では『HYPER SBI』というツールを提供しているよ

【HYPER SBIについて】

  • ドラッグ&ドロップのマウス操作だけで発注や取消ができる
  • 自分好みにカスタマイズできる
  • アラート機能があり、売買のタイミングを逃さない
  • iOS/Androidアプリあり
  • Macは使えない
あやあや

うーん、個人的には頻繁に株の取引をする予定もないから、重視する必要もなさそうだけど…

マスターマスター

確かに、たまにしか取引をしない人にとってはあまり重要ではないかもしれない。でも、ツールを使うことで勉強にもなるし、積極的に活用してみるといいよ

あやあや

勉強するつもりで使ってみるってことね。ちなみに、これって無料で使えるの?

マスターマスター

HYPER SBIの利用料金は、月額500円。でも、条件を満たせば無料で利用できる

【HYPER SBIの主な無料利用条件】

  • 新規に総合口座を開設→口座開設の翌営業日から1ヶ月間無料
  • 前営業日に国内株式の約定が合計1回以上ある→翌営業日から36日間無料
  • 信用取引口座もしくは、先物・オプション取引口座を開設→口座開設完了日の翌営業日から原則無期限無料

IPOの取引実績が豊富

あやあや

IPO?また知らない言葉が出てきたわ

マスターマスター

IPOとは未上場だった企業が新たに株式を上場すること。このときに発行される株式は、当選した人でないと買う権利がないんだ

【IPOについて】

IPOとは…未上場だった企業が、新規に上場すること。上場すれば誰でもその企業の株式を取引できるようになります。IPO株は「新規上場株式」などとも言われます。

IPO株は売れ残ったりしないよう、最初に設定される価格(公募価格・公開価格)は安く設定される傾向にあります。

※売れ残ると、予定通りに資金調達ができなくなってしまうため。

実際に市場に売り出されると取引によって株価が決まりますが(初値)、公募価格よりも初値の方が高くなることが多いのです(すべての銘柄が値上がりするわけではない)

【主なネット証券のIPO】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

特徴

ネット証券の中でも圧倒的なIPO取扱本数IPOの取扱本数は減少傾向ネット証券の中でも引受幹事数が多い三菱UFJ証券から委託する形で幹事を務めることも多いBB申込時点での余力不要、少額投資家も使いやすい2014年よりIPO取扱スタート。今後に期待。2017年よりIPO取扱スタート。問合せから申込むためやや面倒。幹事になることが多い。1銘柄につき2回申込みが必要な点に注意。

取扱実績

2012年

37本6本13本26本11本7本

2013年

44本2本33本16本2本23本

2014年

65本2本38本21本5本2本25本

2015年

81本10本50本18本16本1本44本

2016年

76本8本46本20本11本1本26本

NISA口座

××××××

IPOレポート

×××××××

抽選方法

資金が多い人ほど有利な傾向資金が多い人ほど有利な傾向完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)
完全平等抽選
(機械的完全ランダム)

その他サービス

抽選に外れた場合はIPOチャレンジポイントを付与、次回以降に利用可能

詳細情報

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
IPOでは、SBI証券マネックス証券もオススメ。
マスターマスター

IPO株は高い確率で、それも簡単に利益が出せるから人気も高い。SBI証券なら取扱実績が豊富だから、IPOを狙うなら口座を開設しておいた方がいい

あやあや

ちなみに、購入できるのは当選した人だけってことだけど、落選したらどうなるの?

マスターマスター

落選した場合は、単純に購入できなくなるだけ。資金が減ることもない。ただ、簡単に当選するものでもないから、根気よく続けていくことが大事だよ

投資情報も充実

SBI証券では、投資情報も充実している。

【主なネット証券の情報比較】
※表はスクロールします→

 SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券
特徴バランスよく国内、海外のメディアが揃っている日経テレコンが圧倒的魅力。申込み不要で豊富な情報が無料で閲覧可能。NY株式市場の動向が分かる、ロイター社のビデオレポートを毎日配信。証券会社オリジナルの投資情報がメイン。ニュースは24時間随時更新。会社四季報も無料。証券会社オリジナルの投資情報がメイン。証券会社オリジナルの投資情報のみ掲載。
会社四季報×××
日経テレコン×××××××
トムソン・ロイター××××
フィスコ××××
ダウ・ジョーンズ×〇(バロンズ拾い読み)×××××
時事通信×××××××
モーニングスター×××
初心者向けページ「投資を学ぶ」で投資の基礎がバランスよく学べる。商品別に詳細講座でより深い知識が身につく。「投資はじめてガイド&セミナー」にまとめられている。積立投資に関する情報がメイン。「初心者コーナー」で投資・資産運用の基本知識や商品選びをサポート。入門ガイドのほか、kabu.studyにて投資教育講座コンテンツを提供。口座開設者は無料「はじめての投資」で投資の基本から銘柄の選び方まで解説。なし商品ごと(株、信用取引、先物取引、投資信託等)に、初心者向けページあり。商品についての解説ページあり。
動画セミナーネット証券ではNo1の動画本数。初心者には十分です。過去のセミナー動画もアップされています。年間200本におよぶオンラインセミナーを実施。市況解説から投資テクニックまで充実した内容です。口座を開設していない人も視聴可能です。動画はあるが最終更新は2016年10月。セミナーではないが、毎日更新される「投資チャンネル」ありなしなし
株主優待情報×
詳細SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券GMOクリック証券ライブスター証券岩井コスモ証券

【マスターのコメント】
情報コンテンツでは、やはりSBI証券楽天証券がオススメ。

特殊な注文は少ない

SBI証券は特殊な注文ではあまり強くはありません。

【主なネット証券の特殊注文】
※表はスクロールします→

 逆指値注文W指値注文連続注文±指値注文リバース注文
SBI証券×××
楽天証券××
カブドットコム証券
マネックス証券
松井証券××
GMOクリック証券××××
SMBC日興証券××××
むさし証券××××
ライブスター証券
岩井コスモ証券×××

【マスターのコメント】
マネックス証券カブドットコム証券は豊富な注文方法があるよ。逆指値やW指値、リバース注文なら取り扱っている証券会社も比較的多いんだ

開設しておいて損はないSBI証券

証券会社選びで重視したいポイントは、次の2点。

  • 取扱商品が多い
  • 手数料が安い

SBI証券はこの2つのポイントをしっかり押さえている証券会社なので、口座を開設しておきたい証券会社のひとつです。

口座開設は無料、申込みもインターネットから簡単にできるので、とりあえずSBI証券の口座を開設するというのもオススメ。

こちらもあわせてお読み下さい
初心者でも分かるネット証券の選び方

あやあや

そうだ! 証券口座って一社に絞る必要もないんだった! とりあえずSBI証券で口座を作っておこうかな

マスターマスター

口座がなければ何も始まらないからね。あとは実際に使ってみて、合わなければ別の証券口座に変えてもいいし

あやあや

そうと決まれば、今から申込もうっと!

無料で口座を開設してみるならこちらの公式サイトから
SBI証券口座開設