マスターマスター

WealthNaviと松井証券が2016年11月から始めた投信工房を比較してみよう

あやあや

どちらもロボアドバイザーなの?

マスターマスター

ロボアドバイザーだよ。でも両者には根本的な違いがあるんだ。どんな違いがあるのか見てみよう

WealthNaviと投信工房はココが違う

あやあや

WealthNaviと投信工房って、簡単にいうとどんなものなの?

マスターマスター

簡単にいうと、WealthNaviは全自動お任せ投資、投信工房はアドバイスがメインといったところだね

WealthNaviの概要

WealthNaviLP
WealthNavi(ウェルスナビ)は、預かり資産残高、運用者数ともに国内第1位のロボアドバイザーサービスです。

※2020年10月9日時点で、預かり資産残高3,000億円、口座数34万口座を突破。

運用に利用する投資アルゴリズムは、世界の富裕層も利用しているノーベル賞受賞理論に基づいたもの。

世界中の投資家からも多く利用されている低コストの海外ETFを投資対象としています。

投資未経験者でも、世界の富裕層と同じレベルの資産運用が自動でできるサービスです。

投信工房の概要

投資信託商品選びのお手伝い+運用アドバイス。

診断結果をもとに最適なポートフォリオと、それに合った銘柄(松井証券が取り扱う投資信託から選定)を提案。

ロボアドバイザーのアドバイスをもらいながら、基本的には自分自身で運用していく。

投資対象の比較

マスターマスター

WealthNaviと投信工房では、そもそも投資対象が違うんだ。WealthNaviでは海外ETFを、投信工房では投資信託を利用しているよ

WealthNaviの投資対象

WealthNaviの投資対象は、約2,000もの銘柄の中から厳選した7つの海外ETF(米国市場ETF)を利用。

資産クラスごとに、次のような海外ETFを利用しています。

  • 米国株:VTI
  • 日欧株:VEA
  • 新興国株:VWO
  • 米国債券:AGG
  • 物価連動債:TIP
  • 金(コモディティ):GLD
  • 不動産:IYR

ポートフォリオにはこれら7つのETFと現金が組み入れられ、各個人のリスク許容度に応じて最適な配分で運用される仕組みです。

また、資産が円に集中することを避けるため、資産配分は米ドル建てで行われています。

投信工房の投資対象

投資信託(松井証券が取り扱っているノーロード投信のうち、低コストなインデックスファンド)

対象となる投資信託と商品数

  • たわらノーロードシリーズ(12本)
  • ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ(8本)
  • i-mizuhoインデックスシリーズ(21本)
  • eMAXISシリーズ(27本)
  • 三井住友 DC兼用のインデックスファンド(6本)
  • SMTインデックスシリーズ等(18本)

投資については円建てで運用。

あやあや

投資対象や通貨が異なるのね

マスターマスター

どちらも分散投資ができるのは共通だけど、WealthNaviの方がドル建てで運用している分、一歩先を行っている感じかな

大きく異なるWealthNaviと投信工房の機能

マスターマスター

もう一つ大きく違うのが、提供している機能。完全お任せのWealthNaviと、そうでない投信工房といったところだよ

どちらも共通の機能

商品選定

WealthNaviでは、コスト面や流動性などを考慮した7銘柄を事前に選定済み。

投信工房の場合は、対象となる投資信託の中から、診断結果に基づいた最適な商品を選定してくれます。

自動積立

WealthNaviの場合は、登録した銀行口座から毎月一定額を自動的に引落し、積立投資を実施します。

投信工房では「毎月」「毎週」「毎日」と積立のペースを自由に設定可能。

「リバランス積立」で、ポートフォリオを最適な状態に保ちながら、積立投資を続けられます。

あやあや

WealthNaviには、リバランス積立のような機能はないのかしら?

マスターマスター

WealthNaviも毎月最適な配分で追加投資してくれるから、実質的にリバランスしながら積立投資を続けられるようにできているよ

分配金の再投資

長期投資では分配金や配当などを再投資し続けることで、複利効果による資産増を期待できます。

WealthNaviでは分配金が一定額以上になると、自動的にETFへ再投資を実施。

このとき、リバランスによってポートフォリオが最適な状態になるよう、自動的に各銘柄の数量を決定し発注してくれます。

投信工房でも分配金の再投資が可能ですが、これは各投資信託を購入する際に「分配金の再投資コース」を選択した場合のみ。

「分配する」を選択した場合は再投資されません。

WealthNaviのみの機能

自動発注

投信工房の場合、診断結果に基づいた商品選定の後は自分で発注する必要があります。

ボタン一つで発注可能ですが、自分で発注ボタンを押さない限り運用はスタートしません。

これがWealthNaviでは入金するだけでOK。

最低投資額分入金が済めば、発注も自動的にやってくれます。

自動リバランス

自動リバランスもWealthNaviのみの機能。

WealthNaviでは次の2つのうち、どちらかの条件にあてはまった場合に自動でリバランスしてくれます。

  • 6ヶ月間リバランスが行われていない場合
  • 資産クラスごとに実際のポートフォリオと最適ポートフォリオを比較し、5%以上乖離している資産クラスがあった場合

投信工房にもリバランス機能はついていますが、自動でやってくれるのは積立投資をしている場合のみ。

一括投資の場合は手動で「リバランス注文」をする必要があります。

自動税金最適化

リバランスや分配金の受取により一定額以上の税負担が生じた場合に、自動的に含み損を実現して税負担を軽減してくれる機能です。

資産運用では単に利益を出すだけでなく、節税まで考えることが大切。

税金まで考慮して、トータルで資産を増やすことまで自動でやってくれます。

なお、投信工房の場合はこうした機能はありませんが、NISA口座に対応。

NISAで運用すれば非課税となりますが、年120万円までという制限付きとなります。

あやあや

こうして比べると、機能面って大きく違うものなのね

マスターマスター

ロボアドバイザーと言っても、どこまで自動化されているかはサービスによっても変わるからね。こうした機能の差が利用コストの差になっているところもあるけれど

機能の差=利用コストの差

WealthNaviと投信工房では、手数料も異なります。

WealthNaviの手数料(年間)

運用手数料 1.00%
信託報酬 0.11〜0.14%
合計コスト 1.11〜1.14%

投信工房の手数料(年間)

運用手数料 なし
信託報酬 平均0.37%
合計コスト 平均0.37%
あやあや

投信工房は手数料が無料だから、投資信託の信託報酬のみで利用できるってことね

マスターマスター

そう。ただし、前に見たとおり投信工房は発注やリバランスなど自分でやらないといけない部分も多い。WealthNaviでは、自分でやることといえば入金することくらい。それも一度設定してしまえば、あとは全てお任せできるからね

あやあや

発注からメンテナンスまで全自動で運用をお任せするか、発注やメンテナンスを自分でやるか…そのあたりがコストの差ってことね

最低投資額と積立額

最低投資額や積立額も、WealthNaviと投信工房では異なります。

WealthNavi

最低投資額 10万円
最低積立額 1万円/月

投信工房

最低投資額 100円
最低積立額 100円
マスターマスター

投信工房の中身は投資信託への投資だから、100円からスタートできる。WealthNaviは10万円と少しまとまった額が必要だけど、この金額になっているのは『より豊かな将来や人生を実現するために資産運用を行う』という考えがあるからなんだ

あやあや

何となく資産運用をするのではなくて、目標を達成するために資産運用をするってこと?

マスターマスター

そういうこと。例えば、20年後に2,000万円くらいの資産があればいいな…と思っているのに、1,000円から運用を始めたって現実的ではないからね

NISAに対応しているのは投信工房のみ

WealthNaviで利用できるのは特定口座のみですが、投信工房では特定口座・NISA口座のどちらも利用可能です。

年間120万円まで、投資期間5年という制限はありますが、少額での投資を考えている人にとってはメリットがあります。

WealthNaviはNISA非対応ですが、税金最適化機能が備わっている分、納税額を抑える効果が期待できます。

あやあや

WealthNaviはNISA非対応なのね…

マスターマスター

その代り、税金最適化機能があるって感じかな。長期で積立投資をやると、120万円くらいは超えてしまう確率の方が高いし、NISAは期限付きだからね

NISAについてはこちらも合わせてお読み下さい。
初心者でもこれだけで十分、NISAのメリットと注意点

WealthNaviと投信工房、どちらがオススメ?

WealthNaviがオススメな人

  • 本気でまとまった金額を資産運用したい人
  • 発注やリバランスといった手間を省いて、完全お任せで投資をしたい人
  • 通貨分散まで含めた国際分散投資をやりたい人

投信工房がオススメな人

  • 少額で投資をしたい人
  • ロボアドバイザーはアドバイスだけで十分、手間を掛けても自分の判断で投資したいという人
マスターマスター

WealthNaviと投信工房は『完全お任せかアドバイスがメインか』、『余裕資金がどれくらいあるか』という点で、どちらが自分に合うのか分かれるといった感じかな

あやあや

とにかくお任せで運用したいと思うなら、今は資金不足でもまずは10万円貯めるところから始めればいいわけだしね

マスターマスター

逆にアドバイスを元に最終判断は自分でやりたいと思うなら、投信工房の方が向いている。ただ、覚えておいてほしいのは『人間の脳は投資に不向き』ということ。一時的な相場の変動に左右されて、結果的に損をすることって多いんだ

あやあや

その点も、完全お任せなら理論だけに基づいて運用してくれるってことね

マスターマスター

そう。そしてどちらを利用するにしても、投資をやる以上は元本を割り込む可能性があるってことは忘れずにね

リスク許容度を診断してみるならこちらの公式サイトで
WealthNaviの診断はこちら

WealthNaviについて詳しくはこちらも合わせてお読み下さい。
WealthNaviの詳細

松井証券の公式サイトはこちら
【公式】松井証券 キャンペーン実施中!